1. ホーム
  2. 酵素ダイエット
  3. ≫「宿便」を放置すると起こる問題

「宿便」を放置すると起こる問題

1c66e82b47b7fa2db90a00217c298cf8_s-min
宿便や便秘が長い間腸内にあると腐敗し、悪玉菌のエサとなります。その結果、腐敗と悪玉菌から毒素が作られる。その毒素は腸の粘膜から吸収され肝臓へ運ばれます。 肝臓は毒素をを無害にしてくれる大切な器官です。食物や水や空気から次々に入る有害物質の処理に追われます。

しかし処理できる能力には限度があって、腸内でできた強い毒素が回ってきても処理しきれません。この処理には多くの代謝酵素が使われます。その結果、細胞の新陳代謝は妨げられます。身体の代謝機能は著しく低下します。代謝機能が低下した体は「太りやすい体質」になりますね。その上さらに恐ろしいことに、解毒しきれない毒素が血液を通して全身に回ります。すると、軽い体調不良が起こり始めます。

たとえば肌あれ、吹き出物、腰痛、肩こり、偏頭痛等に悩まされるようになります。長い間、宿便をそのままにしておくと成人病やさまざまな病気・病状を引き起こしかねません。なるべく早い時期に、きれいに取り除いておく必要があるのです。

あまり食べないのに太るのは?

あなたが消費エネルギーを上回るほどの食事摂取していれば太ります。たくさん食べ過ぎているか消費エネルギーが少ないかそのどちらか、あるいは両方です。大食もしていないのに太ってしまう場合、その原因は代謝が低下しているので消費エネルギー量が少なくなっているからです。

そんな時、ファスティングデーツDXなど成分にマグネシウムを含んでいるダイエット酵素が有効です。代謝機能が低下していると太りやすい体質になるのは、腸に「宿便」が蓄積されていたり、無理なダイエットで筋肉が痩せてたり、活動性が著しく低いような場合です。

解決するには、まず宿便を取り除くことです。それだけで陳代謝が高まり、総消費エネルギーが大きくなります。

また適度な運動は代謝を高めるのに役立ちますし、ストレスの解消にもなるのでお勧めします。 宿便をとるには酵素ドリンクに入っているマグネシウムが効果を発揮します。

関連記事  産後約6ヶ月が酵素ダイエットで痩せやすい期間