1. ホーム
  2. 酵素ダイエット
  3. ≫断食の飢餓状態で糖新生のスイッチが入ります

断食の飢餓状態で糖新生のスイッチが入ります

糖新生が起きる

断食であなたの体に入るスイッチ 人類が誕生した後長い間飢餓状態だった。 たらふく食べるようになったのは現代だけです。 なので断食で飢餓状態になると、幾つかのスイッチが入るように プログラムされてるんです。

糖新生という特殊な代謝

 

糖新生という特殊な代謝 糖新生というと難しそうですね。 人間にとって脳は一番重要な臓器です。 だから優先的に最初に脳が栄養を必要とします。 断食で脳に与える糖が無くなったら糖ではないものから糖を作り出す働きがプログラムされています。 しかし、糖でないものから糖を作り出すのに必要な栄養素があるんです。

ビタミンB1、ナイアシン、マグネシウム、マンガンなどのビタミンやミネラルです。もしこれらが無ければ意識はもうろうとして時には昏睡に陥ることもあるんです。だから酵素ダイエットをするときにもこれらの栄養素が必要になってきます。 次のようなスイッチが入ります。

断食をすると筋肉のグリコーゲンにブドウ糖になって脳に供給されます

 

1断食をすると肝臓や筋肉に蓄えていた グリコーゲンが分解されてブドウ糖になり 脳に優先的に供給されます。 断食後48時間が経つ頃、脳の栄養である糖分が不足してくると特殊な代謝が起こってきます。

まず体脂肪が糖分に転換されます。体脂肪がどんどん糖に転換されて 脳の栄養分として使われたり、体のエネルギーとして消費されます。 こうなる前が一番飢餓感が強いので、それを乗り越えると断食が楽になります。

体脂肪はグリセリンと脂肪酸になり優先的に脂肪酸を肝臓や筋肉で エネルギー源にするのです。 この時、ダイエット臭という独特な臭いが体から発散します。 ⇒ ダイエット臭の対策法 脂肪酸をエネルギーに変えるにも一定量の糖分が必要。

「脂肪は糖の火で燃やされる」と言われる理由です。 2、完全断食では3日目位から筋肉を分解して アミノ酸から糖を作り出す働きが強くなります。 これで筋肉が痩せリバウンドしやすい体になります。

完全断食が長いとケトン体ができてエネルギーとして使われる

更に完全断食を続けていると、 糖新生だけでは脳や神経系の栄養を満たせません。 脂肪をケトン体というものに変換して、ケトン体が糖分の代わりにエネルギーとして供給される ケトーシスという不健康な状態に陥ってしまいます。

酵素ダイエットの成功のポイントは脳や神経には必要な糖分を供給しながら 行うことです。 ベジーデル酵素液に含まれる黒糖やビタミン、ミネラルが脳や神経に栄養を供給し、脂肪を燃焼するための栄養素もあるのでダイエット臭は出ません。 筋肉を落とさないダイエットができることが酵素ダイエットの良い点でしょう。

断食で劇的に免疫力が高まります

免疫力や解毒力が高まる 断食で劇的に免疫力が高まり回復していきます。野生の動物が怪我をしたり具合が悪い時には 何も食べず、じっと休んで回復するのと同じ現象でしょう。

関連記事  芸能人に人気のある酵素ダイエット

これは断食することで、それまで腸管リンパ節に集中していた免疫細胞が体全体の必要な所に行くためです。 肝臓も解毒パワーを悪玉菌の毒素の解毒に使わずに済むので体の必要な場所に解毒パワーを発揮できます。

 

思考・感覚が鋭くなて頭も冴えます

思考、感覚が鋭くなる 感覚が鋭くなり、頭も冴えてきます。断食中にアイデアが出たり、人生を見直したり 色々な逸話があります。

断食明けには、一杯の味噌汁やスープ、野菜の味が奥深く身体の奥に届き、満たされる思いがするようです。 これをきっかけに食をはじめとする生活習慣が改まる人がいます。